診察案内

トップページ >  診療案内|痛くない麻酔
痛くない麻酔

痛くない麻酔

二宮(小田原)のいのうえ歯科医院では「怖くない、我慢しなくていい治療」をモットーとしております。
歯医者さんに行きたくない理由1位の「痛み」をなくすことに取り組んでおります。
「麻酔をするのも痛いのでは?」と思いますか? いいえ、下記の手順を踏むので大丈夫です。

  • 表面麻酔
    「注射の痛み」を抑えるために、歯ぐきの皮ふに麻酔薬を塗り「表面麻酔」をします。
    「表面麻酔」をすることで、注射の痛みを抑えることが出来ます。
  • 麻酔薬を適温に温め、細い針を使用する
    麻酔薬の温度が体温より低ければ、歯茎に入っていったときに痛みを感じます。
    ですので、体温に暖めます。そして、針も細いものであれば痛みを感じにくくなります。
    さらに、麻酔薬を入れるスピードも痛みに関連しています。
    麻酔をするのにも、熟練した技術が物を言います。
    二宮(小田原)のいのうえ歯科医院の歯科医は、麻酔の技術に熟練しております。 ご安心しておまかせくださいませ。
    待合室に「痛い表」を張り、患者様の「痛い度チェック」をしていた二宮(小田原)のいのうえ歯科医院の院長の痛みに対しての試みを、ぜひインタビューでご覧くださいませ。

>> 院長インタビューへ

笑気鎮静法

「笑気」という麻酔ガスを鼻にマスクで吸入するだけで、治療中の不安・緊張・痛みを和らげることができます。 この性質を利用して、70%以上という高濃度酸素(空気中の酸素濃度は21%です)と共に笑気を吸入することで、 安全で快適な全身状態を作り出す方法が「笑気鎮静法」です。
歯の治療に対して強い恐怖心をお持ちの方や、小さなお子さんでも快適に治療が受けられます。
循環器疾患や糖尿病や甲状腺の病気をお持ちの患者さんは、精神的ストレスで全身状態が変わるので、 「笑気鎮静法」を用い歯科治療をすると安全性が向上することが知られています。 「笑気」は鎮静作用に加えて鎮痛作用を持っているので、リラックスするだけでなく痛みを感じにくくなるメリットもあります。 呼吸器、循環器、肝臓や腎臓といった重要臓器に対する作用が極めて小さく、治療終了後はすぐに平常に戻ります。

針のない注射器

針のない注射器

二宮(小田原)のいのうえ歯科医院では、針のない注射器を要望があれば使用致します。

  • 針がないから安心です
  • 針がないから、怖くありません
  • 特に小児歯科治療でたいへんな効果を上げています
  • 針による感染の防止にも効果的です

スタッフblog
スタッフ募集
神奈川インプラント情報サイト
モバイルサイトのご案内
クレジットカードご利用可能
AED
>>サイトマップ
Copyright © inoue-dc. All Rights Reserved.