診察案内

トップページ >  診療案内|子供の歯の治療と予防
子供の歯の治療と予防

子供の歯の治療と予防

子供の歯の治療と予防

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌は存在しません。 でも、大きくなるに連れて虫歯になるリスクも上がってきます。 原因としては、周りの大人の口の中にいる虫歯菌が子どものお口の中にうつり、さらに虫歯菌の餌となる食べかすが、口の中にあるからです。
「なんだか子供の歯が黒ずんでいるみたい」 「学校の歯科検診で、要治療の紙をもらってきた」 なかなか歯医者へのハードルは、親子共々高いものです。

でも早ければ早いほど、治療の負担が減るのです。
二宮(小田原)のいのうえ歯科医院では、どんな治療をするのか、ご紹介します。 怖がらずにぜひ、早いうちにいらしてください。

小児歯科 5つのステップ

二宮(小田原)のいのうえ歯科医院では、針のない注射器を要望があれば使用致します。

  • 1.治療
    虫歯になっている歯は、まず治療しなくてなりません。
    二宮(小田原)のいのうえ歯科医院では、なるべく削らない方法での治療をオススメしています。
    また、「子供に歯周病なんて関係ない」と思われている親御さんもいらっしゃるかもしれません。
    ところが、磨き残しの歯垢が歯石(歯垢が2〜3日で歯石になります)になり、子供でも歯周病になることがあるのです。仕上げ磨きをしたときに、出血していたら要注意です。 まず、お口の中の状態を良くすることから始めましょう。
  • 2.予防&クリーニング
    治療、お疲れ様でした。
    実は、ここからが本来の歯医者通いのスタートです。
    なぜでしょうか?
    どんなに頑張っても、自分でする歯磨きには限界があります。
    ですので、欧米並みに3ヶ月に1回の「クリーニングのための歯医者通い」をスタートしましょう。 定期的なクリーニングを続ければ、治療の恐怖と決別することができます。 また、治療する歯はないけど「子供の歯を虫歯にしたくない」と思うのは、親の自然な気持ちだと思います。 治療をしない歯医者さん通いのメリットとして、歯医者さんは「痛い治療をしに行く場所」ではなく、「クリーニングして歯をキレイにしてもらう場所」だという意識が生まれます。 二宮(小田原)のいのうえ歯科医院では、3ヶ月に1回の予防歯科(クリーニング)をオススメしています。
  • 3.咬み合わせのチェック
    お子さまの歯が、乳歯から永久歯に生え変わっていくとき、永久歯が上手く収まっているでしょうか?
    実は、生え変わってからではなく、生え変わる前から歯が並べるスペースを作ってあげることが重要です。
    どうしたら、そのスペースを作ることが出来るのでしょうか?
    お子さまの顎は「顎を刺激すること」=「噛むこと」で成長しています。
    永久歯が上手く入りきるように、そのスペースを作るためには、噛む回数の多い食事にする工夫が大事です。
    スペースがない場合、「矯正歯科」という方法でスペースを作ってあげます。
    二宮(小田原)のいのうえ歯科医院には、小児矯正歯科医がおります。
    いい歯並びは、どんなものにも勝る「健康」という財産をお子さまに残すことができます。
    相談の日がありますので、お気軽にご相談ください。

    >> こちらをクリック⇒噛むことの8大効用「ひみこのはがいいぜ」

  • 4.お子さまへの歯のケアの方法の指導
    お子さまが小さいうちは、仕上げ磨きをしてあげますが、親の手を離れる小学校高学年になると同時に、仕上げ磨きの回数も減るのではないでしょうか?
    でも、お子様は、歯の磨き方をマスターしてるでしょうか?
    また、歯磨きだけで歯と歯の汚れは6割しか取れないと言われています。
    二宮(小田原)のいのうえ歯科医院では、正しい歯磨きとデンタルフロスの使い方もお伝えしますので、遠慮無くご相談くださいませ。
  • 5.パパ・ママとの知識の共有
    パパ・ママの子供だった頃、どんな時に歯医者さんへ行っていたでしょうか?
    『20〜60代の2万人のうち、全体の銀歯保有率は71%で、特に40代は80%に達した』
    というデータに示されるように、歯医者さんは虫歯になってから行く場所でした。
    しかし、今は違います。「予防歯科」という概念があります。
    治療のために歯医者に通うのではなく、予防のために歯医者に通うのです。
    トータルでみると治療に歯医者に行くよりも、時間もコストも掛らないというデータもあります。
    美容院に定期的に通うように、二宮(小田原)のいのうえ歯科医院に歯のクリーニングのために定期的に通いませんか?

お子様の虫歯予防

二宮(小田原)のいのうえ歯科医院では、お子さまの虫歯予防に力を入れております。

フッ素塗布

市販の歯磨き粉にも、フッ素が含まれていることからわかるように、フッ素には歯の再石灰化を促すという機能があります。
そのフッ素をクリーニングしたてのきれいな歯にコーティングすると、最大の効果を発揮します。
でも、フッ素を歯医者さんで塗ったからといって、安心してはいけません。
日頃の歯みがきをベースとして、3ヶ月に1回のクリーニング&フッ素塗布をしてメインテナンスすることが大事です。
※フッ素を塗った後30分は、飲食は控えてください。


スタッフblog
スタッフ募集
神奈川インプラント情報サイト
モバイルサイトのご案内
クレジットカードご利用可能
AED
>>サイトマップ
Copyright © inoue-dc. All Rights Reserved.