診察案内

トップページ >  診療案内|歯の矯正
歯の矯正

歯の矯正

二宮(小田原)のいのうえ歯科医院では、第二日曜日の10:00〜18:00に矯正歯科を行っております。 相談は随時受付けておりますので、お気軽にお尋ねくださいませ。

先生からのメッセージ

矯正治療で、いのうえ歯科医院にいらっしゃる患者さんには「出っ歯」「受け口」「乱ぐい歯」などの人が多く見られます。
矯正治療は歯を動かすわけですから、歯がきれいに並ぶのは当然としても、上顎と下顎の骨の骨のバランス、ひいては顔のバランスまでも取れるよう考慮して治療をすすめて行きます。
なので、発音とか噛み合わせの調和をもたらすとともに、調和の取れた顔貌をも、もたらすことができるのです。
相談は、無料で出来ますので、ぜひわからないことを聞いいていただければと存じます。

中納 治久

矯正歯科医

中納 治久

  • 日本矯正学会指導医 認定医
  • 昭和大学准教授

矯正の症例

  • 1.反対咬合(はんたいこうごう:うけ口)
    下の歯が上の受けの歯より前に出ている状態です。食べ物がよく咬めないだけでなく、発音も聴き取りにくくなります。見つけた時点で早めにご相談ください。
    反対咬合

    治療前(反対に咬んでいます)→ きれいに治りました

  • 2.叢生(そうせい:八重歯・乱ぐい歯)
    歯が重なっている状態です。歯ブラシが行き届かず汚れが残りやすくなります。虫歯や歯周病の原因にもなりますので、早めにご相談ください。
    叢生

    治療前(重なり合っています)→ すっきりしました

  • 3.開咬(かいこう)
    奥歯は咬んでいても、前歯が咬み合わずに開いている状態です。食べ物が咬み切れなかったり、正しい発音ができなかったりします。時期によって治療方法が異なってきますので、ご相談ください。
    開咬(かいこう)

    治療前(あいています)→ 閉じました

ワイヤーを使わない矯正

ワイヤーを使わない矯正

「アソアライナー」を採用しています。
「アソアライナー」とは、透明な審美性に優れたマウスピース型の矯正装置です。従来の矯正歯科のイメージであった、ワイヤーやブラケットを使わない装置です。
矯正中も目立たないので、矯正治療をしていることが周りにわかりません。
二宮(小田原)のいのうえ歯科医院では、こちらも採用しております。
わからないことがございましたら、お気軽にお尋ねくださいませ。

ワイヤーを使わない矯正

この装置の特色は?

  • 透明で薄いプラスチックのシートを使用するので、あまり目立たない。
  • 発音障害、異物感等がとても少ない。
  • 各ステップごとに印象を採得し、1ステップ0.1mmの設定が可能な為、それぞれの症例にあわせた確実な治療が可能。
  • 装置を取り外して歯磨きが可能な為、清掃性が非常に良い。
  • ブラケットや、その他の矯正装置との併用が可能。
  • ソフト/ミディアム/ハードの3種類のシートを用いて矯正力をコントロールできる為、疼痛も軽減。
この装置の特色は?

スタッフblog
スタッフ募集
神奈川インプラント情報サイト
モバイルサイトのご案内
クレジットカードご利用可能
AED
>>サイトマップ
Copyright © inoue-dc. All Rights Reserved.